がん保険の基礎知識

がん保険の加入前に知っておくべきポイント

がん保険の加入前に確認するポイントは、この3つ


がん保険とは、がんに特化した保障を準備するための保険です。がん保険に加入する前に確認すべき主な3つのポイントについて解説していきます。保障内容については加入前にご確認される方も多いと思いますが、意外と知らない加入前のポイントもございますので、それぞれどのような部分を確認すればよいのか、詳細を見ていきましょう。

<3つの確認ポイント>
 ①がん保険の保障内容
 ②免責期間
 ③健康状態などの告知


がん保険の保障内容

がん保険はがんに特化した保険です。商品により、がんの治療に対応した様々な保障が用意されています。どのような保障があるのか、実際に見てみましょう。

商品によりどの保障が手厚いのか変わってきますので、ご自身に最適な保障を選んでいくことが重要です。がん保険の選び方について迷った場合は、【がん保険の選び方|押さえておくべきポイントとは?】 をご覧ください。

免責期間

がん保険には、保険期間が始まった時期から90日または3ヶ月などの一定期間、がんと診断されても保障されない「免責期間」が設けられています。
免責期間中にがんと診断された場合は、一般的には保険契約は無効になります。無効になった場合は、がん保険の保障を得ることはできなくなります。なお、免責期間中も保険料の払込みは必要です。
免責期間については【がん保険の免責期間とは?】 で詳しく解説していますので、参考にしてみてください。

健康状態などの告知

生命保険に加入する場合、現在の健康状態や過去の傷病歴、身体の障害状態、現在の職業などを告知する義務があります。がん保険に加入する場合も、同様の義務がありますが、がん保険に加入するときには、死亡保険や医療保険などに加入するときとは異なる専用告知書を使用する保険会社もあります。
保険会社により告知項目に多少の違いはありますが、一般的には「はい」「いいえ」で答える形式となっており、「はい」となった場合には詳細を記入します。

正しい内容を告知しなかった場合には、「告知義務違反」として原則契約は解除になってしまうため、正しく告知するようにしましょう。

まとめ

がん保険に加入する前に、押さえておきたいポイントは下記の3つです。
①がん保険の保障内容
②免責期間
③健康状態などの告知

がん保険は、がんに対する備えに特化して様々な商品が用意されていますが、ご自身の望む保障内容に合わせて保険を選んでいくことが重要です。
ここでお伝えした内容を踏まえて、保険会社により詳細な内容を質問したり、資料を取り寄せたりしてご自身に最適な保険商品を選んでみてはいかがでしょうか。


※このページで紹介している保険商品の内容や契約手続き等については、一般的と考えられる内容です。各保険会社が取扱う保険商品の内容や契約手続き等については、各保険会社へお問い合わせください。


FLI-C03561-2108